AIによる文字起こしの進化の恩恵

最新技術

AI技術の活用について調べていると打ち合わせなどの音声文字起こしに活用できるのではないかと思ったので現在の状況を調べてみました。

スポンサーリンク

調べてみた結果

AI技術向上により文字起こしは進化しているように思える、使いこなせればかなりの仕事で作業効率化が出来るなど、活用の場が多いため今後更に普及していくと思われます。

AIによる文字起こしの現状

文字起こしの種類

文字起こしで主な需要として、音声⇒文字、画像⇒文字の2種類があります。

主に音声⇒文字を調べてみたのですが、こちらは仕事で使う事が多く、例えば、会議の打ち合わせ内容を録音しておき、後から文字起こし、議事録を作成する等があるかと思います。

今までは

テープ起こしと呼ばれる、依頼すると代行でテープを聞き文章に起こす事を仕事としている業者がいます。

会議内容などを外部の人間が聞く事による情報漏洩の問題があるなどのリスクがある上でお金をかけて作業を効率かしていました。

また、よく国会中継等に映っている速記を利用した特殊な技術を持った人がその場で記録していく方法等がありました。

AI技術による変化

文字起こしは今までは業者に依頼し、お金をかけて来た所を、AIを利用したツールとして精度高く実施できるとしたら、セキュリティ的にも時間的にも短縮することができる。

調べてみるとかなり実用化に向けて開発がされており、主に2つの文字起こし技術を利用している事が多いようです。

参考URL
Azure speech to text (英語対応)

参考URL
google speech to text (日本語対応)

こちらはトライアルで無料利用することが出来るので、試してみると良いかと思います。精度はまずまずだと思います。

AIによる文字起こしの進化の恩恵について

今後この技術が進化すれば、AIによる文字起こしはリアルタイムに優れた変換を可能となるため、様々な分野で利用されていくと予想されます。

例えば、メモ等を今後は取ることなく音声で話せば自動で文字起こしてくれることより、いちいちメモを取る必要がなくなり、本質的な作業に集中することができる。

他にも、翻訳の精度もあがってきているので音声を自動で文字へ変換し、それを日本語に翻訳する事も一般的になってくるのではないかと思います。
もしかしたら、映画等も字幕や音声吹き替えもAIの仕事になっていくかもしれません。

まとめ

・AI技術による文字起こしは進化している

・安価で時間のかからない方法として今後普及される

・様々な分野で活用されていく

コメント

タイトルとURLをコピーしました